”血を流す心に気づかないように生きればいい”
鬼束ちひろさまの2001年のライブDVDを流して、聴きながら、本日の自己満ブログになっている生きた証を紡いでおります。
タイトルと冒頭の歌詞は”シャイン”という曲から、好きな部分を。泣けてしまうし、切ないし、わかってしまう。わたしは、鬼束ちひろ無しには生きられないような人間なんです。そして、鬼束ちひろは命の恩人なのです。リスペクト、スペシャルサンクス。
というわけでね、ひとり暮らしの自宅におります。無事退院〜!!ではなく、一歩前の、外泊訓練Part2の真っ只中。病院にいるときは、殆どを保護室内に居たので、もれなくモニターカメラで監視されていて。だから、なかなか思い切りぐてぐてとは出来なかったのでね、誰も居ない自宅ではぐてぐてしています。が、怠け過ぎないように気をつけます。外泊訓練Part1は1日目でギブアップして夜中にね病院に戻ってしまって、なので漸く外泊訓練の”泊”をしている感じです。
外泊訓練は楽しいっていうよりも、退院を見据えての数日間なので、支援センターや自助グループへ通う練習や、頓服を飲むタイミングの調整等々をこなす為にあるのでね、がんばります。流石にこの時間は、好きなことをしておりますが。
夜ごはんはだいすきな離乳食にしました。
そして、久方振りにツイキャス配信を。話すことは伝えるということは、なんか難しい。言いたいことがうまく言葉にならなくて、考え過ぎてしまったり、言葉で傷ついてきたから、わたしは言葉で傷つけるような人には、できるならなりたくないから。ある意味、こわがりで臆病なだけなのかもだけれど。ツイキャス、こっそり聴いて下さったかた、コメントで会話をして下さったかた、ありがとうございました。
Twitter辞めてね、このブログだけにしようかなって思ったりしているよ。白瀬ゆかの居て良い場所がわからない。
ゆっくりゆっくり、夜を飲み込んで、超えていきます。またね。



「木原さーん、そらジロー」と、ホールにあるテレビから聞こえる、まだそんな時間か。
わたしはせっせと耳にイヤホンを突っ込み椎名林檎さんを聴いているよ。お昼間はYouTubeで、だいすきだったアイドルのライブを観ていました。『今よりあの頃のほうが良かったな〜。』的なコメントがちらほら。結局、アイドルにしろ何にしろ、”あの頃”と言われる頃があるのなら、その所謂”過去”と”現在”を比べがち。悲しい。なんかモヤモヤするよ。斯く言うわたしも懐古主義で、”あの頃”と呼べる”過去”が沢山ある。いつもいつも、その”過去”がわたしを臆病にさせる。あーぁ。でも、今があるのは過去のお陰でしょ?
只今主治医さんの回診待ちです。日勤さんに、あれこれ相談してメモをとりまして、あとは主治医さんに尋ね言葉を頂戴し、未だ定かではないがきっとあと数週間後にくる退院まで走り抜けたいのです。しかし、こうなるといつも不安で不安で心臓バクバクなんです。
わたしってさ、しあわせになれるのかな。人生的なしあわせに。憧れるから、facebookは封印よ。しかし、新卒で訪問看護の看護師になった友人に、様々なことを訊き、教わり、facebookってすんごい便利じゃ〜ん!って思っていたのは今朝です、はい。



なんかねぇ、友人とやり取りしていたら、精神疾患を抱え、死にたいと思っている人に、”生きる/死ぬ”の”正解”は無いんじゃないのかなって思ったの。きっと誰にも一生わからないのでは?と。そのことを考えれば考えるぶん、わからなくなるけれど、光が1ミリもなく頼り先や縋る人も物もない場合、最後の砦は”死”だったりするんじゃないのかな。わからないよ、人それぞれだし、わからないよ。でも…ね。ただ、人生に携わってくれた人がひとりでも居るのなら、その人は非道く悲しむと思う。リアルでもバーチャルでも。
嗚呼、出だしから失礼しました。
今日はね、朝ごはんを食べたあと、日勤さんの検温を待ちながら眠ってしまい、気がついたらお昼ごはんで、おったまげた白瀬です。眠りこけたなぁ。お陰さまでパワーは回復しましたが。
午後はお風呂に入ってサッパリとした後に、売店にて、はまっている飲むヨーグルトを買い、曇り空の下で音楽を聴きながら飲んでおりました。したらば、「おーい!」という声が微かに聴こえ、イヤホンを外してみたら、少し遠くのほうから、病棟異動してしまった看護師さんが手を振ってくれていました。病棟異動してから、3年くらい経つのかな。なのに、憶えていて下さって、入院記録も読んで下さっているみたいで、優しいんだよなぁ、もう。わたしはきゃっきゃしてしまったよ。だいすきです。
これも残したいと思い、以前も書いたのですが、思ったことなどは忘れないように瞬時にiPhoneのメモに打ち込んでいるのです。iPhoneユーザーになり何年も経つのに未だにわたしってガラケー打ちなんですよ。なんていうのかなアレ、シュッシュッって華麗に入力するのが出来ないのですよ。ガラケーだいすきだったしね、なんて理由をつけて。まぁそれでさ、メモに打ち込んでいるのは、ブログもだけれど、後から読み返せて、あの時はこう思っていたんだ!とか、○○で失敗してたなら今度は△△してみよう!とかね、凄く役に立つのです。今日も打ち込んだついでに少しスクロールしたらば、”やりたいこと/夢/目標はひとつだけじゃなくて、いくつあってもいいし、いつかはやりたいことで生きていきたい。”というメモが。ふむふむ、と思いながら、自分に訊いたのは”ドクターストップから解放されたら、また保育士に戻りたいのか”ということ。だいすきでなりたくてなった職業だ。保育所も幼稚園も、それから小学校お受験塾も。でもね、2年前からかなドクターストップを告げられいる最中に、わたしは他に就きたい職も見つけ秘めていた。夢や目標に”病棟保育士”とあるのは変わらないが、その為に病児保育の勉強もしたいし、保護者のかたへの保育カウンセラーの勉強もしたい。で、わたしは調べていくうちに”精神対話士”という職を知り、『うわー、これだ!!これならこの苦しい経験も役に立つのかも。』と。しかし、費用もそれなりにかかるから、心身ともに回復して働いて、いずれチャレンジしたいのです。
そう、わたしはこうして生きてゆくのだ。いまはまだ手が届かない目標だけれど、それを掲げ。死にたくもなるよ。でも奮い立たせてくれるものは未来なのかもしれない。
ちょっとさ、いや、だいぶ遠すぎる未来を見てしまったのですが、とりあえずいまは今日を生き抜くことに徹します。それではまた。



無感情だったり、笑ったり、泣いたり、でもまた笑ったり。わたしの中のぐるぐるは相当ぐるぐるしているようで。
いまね、主治医さんの回診があり「働きたいのですが!!」と言ったら「いやいやいや、いま働いたらどうなると思う?またグンと気持ちが下がり、お薬にお酒に溺れ、入院やらで、前みたいに働けなくなるよ。今の白瀬さんは。働くのはもう少し先だと思う。」と。うん、ですよね。治療がんばるよ。ちゃんと、主治医さんの病院だけで、主治医さんの処方薬だけで、しっかりがんばりたい所存であります。以前、”あと短くても5年はかかるが絶対あなたは良くなる”と宣言されたので、主治医さんについていく。だから、だから、先生見捨てないで下さい。
主治医さんね「良くなったら、こっち側の人間になれるよ。」とも仰って下さっているので、そのお言葉を忘れずに、薬物依存症/境界性パーソナリティ障害と真面目に向き合いたいのです。
今日はお風呂上がりに戴いたパックをしました。自宅の冷蔵庫には食品は無く、パックだけ入っていて、なんつうかパックが好きでさ、ついつい買いすぎるし、でも病院には持ってきてなかったので、久しぶりのパックでお肌もちもち。
そして、だいすきな友人と目標を掲げたのです。死なないでいようと決めたのです。
”人を救う”ということは難しいのに、わたしはその難しさをクリアしてる友人に救われてばかり。しかし今日はね、死にたい気持ちが凄く強くて大心配している友人と、やり取りをしていたら「ゆかちゃんに救われた。」と、言ってくれて、内緒だけど、泣いちゃったのだよ、わたし。嬉しいとかよかったなぁとかが入り混じって。生きていようね、死ねないうちは。これがわかるのは、お医者さんではなく、当事者だけ。当事者のなかでも、僅かな人だけだろうか。ほんっっと、”生きるは苦しい”、そう思う。
だから、苦しまみれのなかを生きている同志よ、今日を生きてくれてありがとう。
今宵もせこせこと、わたし好みな文章を綴るかたのブログを読み漁ります。またね。



おはようございます。体調如何でしょうか。
まぁ、此処で問うてもお返事する場所を設けてなくて、すみません。そして、Twitterもみなさま暖かくてね、沢山のいいねやリプライありがとうございます。宝ものだよ。優しい優しいフォロワーさん。
Twitter、ブログ、わたしの発信源。ブログはね中学生の頃から中川翔子さまを崇拝していたので、いちにちに何回もひたすらに更新したりしていて。しかし、今は”内容”があるブログを書きたいなぁなんて思っているわけですよ。内容ない日もあるかもしれないけれど。ほら、Twitterって140文字故に言いたいこと伝えたいことを削って削って、残った140文字。それだけでは、わたしは納得いかなくてさ。だから此処がブログがいっとう好きなのです。中学生から現在26歳になっても、こうしてブログを紡いでいるのは、なんてったって”生きた証”を残すだけ。それだけ。白瀬は生きていた、って。万が一死んでしまっても、死んでしまう前までは、こんなふうに生きていたんだよ、って。一つひとつが”遺書”みたいな感じ。
写真はひとり暮らしの自宅の隅っこ。外泊訓練ね、この前は失敗だったので、次の機会こそ、がんばりたい、がんばりたいの。でも、前回と今ではちょっと思考回路が変わっていて、主治医さんや看護師さんの言葉、フォロワーさんの言葉で、弱っちいメンタルも段々に復活しているし。
朝、わたしは相変わらずお手洗いに行っても排出出来ず、導尿とやらに追われている。また、水分を飲め飲め言われて、今更反抗期を迎えたわたしは言われる度にムッとした顔をしています。笑っちゃうわ、自分に。
冒頭でね”体調如何でしょうか”と訊ねまして、わたしはといいますと、久しぶりに熟睡が出来て尚且つ朝ごはんをいただけました。最近、いろいろ、本当いろいろなことが気になってこわくて仕方なく、あまり眠れていなかったのね。しかし昨日はスーって眠れまして。こわかった日々は朝ごはんの時間にも起きれなくて、起きたら毎日朝ごはんに出る牛乳がそおっと置いてあったりでね。そこに看護師さんの優しさがあって、有り難やと心が暖まったりさ、そんな感じで、本日は熟睡が出来て、すっきりだよ〜。
また、紡いでゆきたいときに更新致しますので、ちらほら覗いていただけたら幸いです。



こんばんは、元気ですか。
わたしは先程、縫合していただいた左手首の抜糸を主治医さんが行って下さり「良い感じにくっついたね。」と主治医さん。「流石先生です。」とわたし。もう切らない、切りたくないよ。
その時にね「お仕事楽しいですか?」と尋ねたら「楽しいね、毎日いろいろなことが起こるし。でも、起こせって言ってるわけじゃないからね。」その答えに一緒に笑った。問題児でごめんなさい。
しんどかった土日明けの本日。朝イチで主治医さんが来て下さって、思っていることや伝えたいことを、バーっと話しました。主治医さんからは、お医者さんからの視点、大人からの視点で、アドバイスやお褒めの言葉をいただいたりして、主治医さんの偉大さを改めて感じたのでした。外泊がうまくいかなかったことも「病院に戻るという”選択”を”自分で”決められた時点で凄いことなんだよ。」と。わたしは外泊駄目だったから0点と相変わらずのね思考なんですが。そして、「オーバードーズをしなくたって、(相手によるが)話せば、楽になるんだよ。」ってね。そのお言葉通り、主治医さんにお話をした今日は、『あー、大丈夫だ!』と思えたよ。やはり、お薬や自傷でなく、人間に言葉で頼るほうが何倍も良いのです。今のわたしには、凄く難しいことですが。なので、がんばって意識して徐々にでも、それが出来るようになりたいです。新しく加わった今後の目標。
久しぶりに酒井若菜さんのブログを読んでおりました。”心がおぼつかない夜に”というブログ本がありまして、わたしは自宅で心がおぼつかない夜に拝読していました。女優の酒井さんも好きだが、ブロガーというか著者というか文章を発信する酒井さんが、わたしはすんごーく好きなのです。あゝ読みたい本が沢山だ。Amazonのほしいものリストは本だらけ。退院した暁には自分から自分へと本を贈りたいです。
だから、突き進むよ。自分の思う道を、たまに主治医さんや看護師さんに助言やヒントをいただきながら、突き進む。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

参加しております。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM