夜がはじまりましたね、こんばんは。
解離性同一性障害(多重人格)のかたに、洗面所で逢い「こんばんは。」と言ったらお返事が無くて、悲しかった白瀬です。仕方ないけれどね。みんな、入院している患者さんなんだもんね。病気が各々あるわけだから。
昨日載っけたくまのみーくんに、赤いベストを着させたらこんな感じで可愛いのですよ。横のマイメロさんは入院中ずっと共に過ごしてきました。夜中に大泣きしていたときかな、看護師さんがぎゅっとこのマイメロちゃんを握り締めさせてくれて、眠りについた夜もありました。と、なんだか3ヶ月の入院生活が頭の中でパラパラパラと蘇っておりました。本当、いろいろあったなぁ。
そうだ、話は変わりますが、この前ね、小児の移植手術を海外で行う為に、募金活動をして目標額まで達し、海外で無事に移植手術成功して、がんばって生きているこどものドキュメンタリーを観まして、ぶわーって泣いたのよ。そしたら先日、偶然にも1歳の男の子の海外での移植手術の為の募金活動をしていて、素通りなんて心が苦しくて、あるだけの小銭を募金させていただきました。ほんのちょっとの額なのに、お礼のお言葉をいただき、なんていうか、本当に男の子が助かりますように、と願ったよ。でも、まだまだ移植を待っているこどもは多くてね。わたしなんかじゃ、どうしようも出来ないから、つらいですが、出来るだけ協力させていただきたいし、将来”病棟保育士”になるのが目標なので、こういった病児保育や基礎的な看護を学びたいし、カウンセラーや精神対話士の資格も取りたいなぁと。しかし先ずは自分の病気をよくしなければ。
今日は信頼している看護師さんと話せる時間があり「変わったよね〜、本当成長してるよね〜。」と言って下さって「どこらへんがですか?」と訊いたら、沢山の言葉が返ってきて、『がんばってよかった。』と泣きそうになった。看護師さんが「もう白瀬さんは支援側になれそうだよ。」と仰って下さったのが、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。もっともっと元気に生きれるように、努力したいです。
それからさ、iPhoneさんが不機嫌なのか充電中なのに充電減るし、100パーセントにしても、あっという間に充電が底をつく。携帯依存症なので、不安でしょうがないですよ。退院したら、またApple Storeに行き、バッテリー交換的なものをしてもらったほうがいいのかな。
それでは、また。