ハロー、白瀬です。
今日は寝たきりでして、何故かというと昨晩の出来事。
わたしにね、死にたさ襲ってきて、お部屋にはカメラが付いているから、備え付けのお手洗いで、タオルで何回も何回も首を絞めており、でも不完全燃焼で諦めて寝ようとしてお布団入っていたら「死にたいよー、助けて助けて。」ひとり泣き喚き、もう何もかも手放すように、病室にて首を絞めてしまって、飛んできてくれた看護師さんと格闘。で、もう一人の看護師さんもやってきて、終いには当直医さんまで。当直医さんたちの会話で”拘束”やら”施錠”という単語が聞こえ、更にうわぁああとなり、しかしそこに救世主。だいすきな看護師さんです。自己コントロールすら出来ないわたしに「白瀬さん!!」と大きな声で名前を呼んでくれて、そして筋肉注射を打たれ、我に返り、寝る為に、だいすきな看護師さんが暫く横に居てね、凄く安心したし、なにより拘束にならず、看護師さんにごめんなさいとありがとうございます、だね。
「あの声と首絞めをみたから来たのだよ。」的なニュアンスを聞いたのですが、この保護室は音も拾われているのかな。
はぁ、わたし、きっとこの病院に繋がってなかったら、死んでたなぁ。
んだ、そんなこんなで、寝たきりだったのは、筋肉注射が強かったからです。今日も点滴なり。部屋担当が信頼している看護師さんだったの。優しいの。泣いちゃうの。眠っているあいだに、手が使い易いように、止めてあるテープを変えてくれていたり、点滴をチェンジしに来て下さったのに、わたし眠っていてろくにお礼も出来ず、起きたら準夜勤の時間、あぁ。でも、こんな体調でないときに、笑顔ともう少しの元気でいいから、”大丈夫”なわたしで、お礼が言いたいな。
「何しにきたんだっけー?」「人に頼ることと、断る練習です。」
合言葉みたいに、忘れないように、看護師さんと交わしています。
あとは、本日も導尿になってしまいました。慣れたくないのに、ね。慣れちゃったよ。今日は、眠る前にお手洗い行って、少しでも排出しないと、12時間で導尿なので、がんばります。
ってなわけです。



24時間ずっと護られている、この場所。「だって病院は居場所にしちゃ駄目でしょ?」と問うたわたしに主治医さんは「居場所でいいんだよ。」と。いろいろ吹っ飛んでゆきました。考えかたは、人それぞれなんですね。でも、そう言われちょこっと安心しました。
フラつきもなくなり、お風呂許可も降り、さっぱりしましたが、なんと!なんと!!月曜日まで、点滴差しっぱなしというか、入れっぱなしということになりました。
自分の所為だし、自分の為ね。
ということで、何十時間点滴するのだろうか。耐えるけれども。
だいすきな看護師さんに「抜こうとしたりしたら、拘束ね。」なんて、わたしの気持ちを先まわりして読まれ、そう言われました。ふぅう。やはし、元担当看護師さん。
あとは、ホールのほうに歩いてみたらリターンのかたや前回から居るかたに逢い「おかえり〜。」と。「ここ、我が家だよね。」なんて冗談混じりつつ、少しお喋りをしておりました。わたしは未だ保護室ですが、お部屋のこじんまりさや、たまに暴れるかたもいますが、静かさが、なんかね、落ち着くんです。
治療というか、課題をこなしつつ、休養して、がんばってゆきたいです。無駄な時間にしたくないから、さ。
ちょいとはやいですが、おやすみのご挨拶。どうか穏やかな夜を。



靖子ちゃんのユリイカに、音楽に、iphon。これで、暫く居られる、わたしの世界。
今日は朝から導尿でした。慣れちゃってる自分がこわい。そして、あまり尿意も無くて、ね。何か病気になる前にがんばらねば。あとは脱水症状。未だ点滴生活なので、ちゃんと水分とOS-1がんばります。がんばってます。
主治医さんに「食べなくても、点滴入れてるから大丈夫だけれど、おかず、一口がんばってみようね。」と言われ、夕のごはんは、おかずのポークソテーがんばりました。わーい、パチパチ。
それとね今日は、車椅子ではなく、看護師さんの手を借りてですが、ゆっくりと自分の足で歩きました。歩けました。フラつきもだいぶなくなり、このまま向上してゆきたいです。
部屋担当の看護師さんに「良くなっても、いなくならないし、見捨てたりとか無いんだからね。一緒に闘おうね。」と。わたしはドバーッと泣きました。なんで、なんで、此処の病院のかたがたは、こんなに優しいの。期待に応えたい。なんて、考えながら主治医さんの回診待ちです。



カテゴリーの通りです。はい、急遽入院に成りました。
今日さ本当はね、心友たちで女子会をするはずで、そして今夜は入院なかまちゃんのところにお泊まりなので、浮かれモードで朝シャンしてメイクしていたら、病院からの着信がきて「急なんだけれど、お部屋空いたからドクターから、入院して欲しいって。」と。”え!!いま?今日?”と頭パニックで、女子会諸々あるしと悩み、考える猶予をもらい、でもまずは自分のことだと判断し、折り返し「はい。」と答えました。
女子会メンバーに入院なかまちゃんに、両親、ごめんなさい。約束もこなせず、また両親には金銭面の負担。
生きてていいのかも考えた。
でも、わたしは治したい。昨日、主治医さんに泣きながら「治療がんばる。」と言って「みんな、白瀬さんのがんばり、わかっているからね。」と言われたのを思い出し、だから、ね、がんばるよ。
急遽だったので、保護室しかあいてなくて、保護室を使用しております。空き次第、カメラのない個室に移る予定です。
少し、人生のおやすみ。



今日も病院へ。
「よく来たね〜。」と、いつも優しい看護師さんたち。即、血圧測定で車椅子で移動して、ベッドで点滴。こんなわたしにありがとうございます。涙が止まらなかった。帰宅するまで。「死にたい。」「お薬いっぱい飲みたい。」馬鹿みたいに、ずーっと言いながら、少し眠り、OS-1を落としてしまい、拾おうと柵を外したら、わたしまで落ちました。ごめんなさい。
点滴は2時間半くらいだったかな。そしてね、診察では泣けてることイコール感情が少しずつ戻ってきているんだよって教えてくださって、ちょっと安心した。そして、持っていたお薬を主治医さんに泣きながら渡したよ。褒めてくださった。でも、お薬ないのってこんなに不安なんだね。「治したいよ。回復したいよ、先生。」
ねぇ。
ごめんね、今日はこのあたりで。
また元気になったら、綴りたくなったら、きますね。



超絶不調な白瀬ゆかです。
朝起きたら、視点は定まらないは、右眼だけ斜視るし、呂律も回っていない。因みに昨晩はお酒入って1杯で、お薬も定期薬だけで。なのに、何故、可笑しくなるの。
わたしは定期薬の副作用と思っていたが、訪問看護でも病院でも”脱水症状”と言われまして、おったまげた。
だって最近気をつけて飲んだりしていたのにさ。なんで、なんで。
病院には夕方着だったので、救急のベッドでの点滴でした。ビタミン注射と言う名の臭い臭いニンニン注射もね。そして、フラつきがあり、半強制的なタクシー呼ばれ、車椅子で運ばれ、なんとか帰宅だよ。
救急で看護師さんにずっと「おくすりー!!飲むのー!!」と叫んでいてね、ふと我にもどったら、やっぱり”薬物依存症”基”薬中”だなと実感しました。あぁ、お薬、お薬、お薬。辞めたいのに、ね。困難すぎる。この闘い、いつまでするのかな、わたし。辞めたいよー、回復したいよー。ねぇ、先生。
写真は先日購入したストレートアイロンです。可愛さで選んだ感ありありですが、朝シャン派のわたし、訪問看護だけの日はこれで髪を直したり、普段もサラサラロングヘアー目指します。
また、あしたね。ごきげんよう。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

参加しております。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM