最終試験の長期外泊を終え、無事に帰棟しました。白瀬です。
「ただいま。」「おかえり。」看護師さんにも入院なかまにも、この会話。果たして”ただいま”でいいのかな?主治医さんには『此処は第2のお家だと思っていいんだよ。』と言われ、でもね、住みついてはいけなくて、だからね、なんだか複雑でした。
外泊訓練長かった。5泊6日。まだまだあるデパスのなか、よく乗り越えられたなぁと、ちょっとは自信に繋がったかな。
でね、主治医さんが回診にいらして「がんばったもんなぁ。凄いよ。本当に。」と。支援センターは2回しか行けなかったのに。でもこれで、こんなペースでいいみたい。100じゃなくていいみたい。そして主治医さんに「どうしたい?」と問われ、わたしは「退院したいです。」と。主治医さんには、わかりきったやり取りだが、”自分で決める”という課題をちょいちょい挟まれる。そして、優しい表情と穏やかな声のトーンの主治医さんは「よし、退院オッケーだよ。」と。日にちも決め、あとは待つだけ。あぁ、退院オッケーって言われた瞬間、思わず泣いてしまったよ。
そして朝の記事に書いていた、お役所のワーカーさんには、無事にお礼のお手紙と安産のお守りを渡せました。30分くらいの時間で、ワーカーさんと出逢った2年前くらいからの、わたしの生きてきた道を一緒に振り返り、やはり最後には泣いてしまってね。
なんだか、感情がフル活動したいちにちでした。
写真のくまさんは友人が病院に送ってきてくださったプレゼントのバースデーベアです。4月の真っ白なくまさんに5日の真っ赤なベスト。可愛い、可愛すぎる〜。待っていたので、開封もうきうきしちゃって、看護師さんには「いい表情してるね!」と言われました。贈って下さった友人のお名前を借りて、みーくんと名付けたくまさん。大切に大切に可愛がるよ。ありがとう。
さて、残りあと僅かな入院生活。最後までがんばり、悔いの無いようにします。



おはようございます。
なかなか朝に更新出来ずなので”おはよう”は久々ですね。
なんとか無事に7時台に起きれまして、暖房がお部屋を暖めてくれるまでお布団かぶって丸まっております。二度寝にご注意。
もう二、三年お世話になっている、実家のほうのお役所の担当ワーカーさんが、今月末で産休に入るのと、ひとり暮らしで市が変わっておのずとワーカーさんも変わり、受け渡しもされ、いよいよ本格的に「ありがとうございました。」と言う日が来てしまいました。いやー、これを綴りながらも泣きそうよ。それで、安産お守りを買いまして、感謝のお手紙とともに渡しに行く予定です。いなくなったらさみしいな。未だ、今日起きれるかわからなかったから、アポをとってないので、9時にお電話入れなきゃだ。逢えるかなぁ、ねぇ?
本当にね、看護師さん並にわたしのことを理解して下さっていて、ずっとずっと頼っていた。一緒に引っ越し手続きをして下さったり、支援センターにも行って下さったり、何回も何十回も面談してくださったり、ひとり暮らしのお部屋にいらしていろいろ手伝って下さったり。本当にいっぱい救われておりました。わたしが引っ越して市が変わっても、しっかり受け渡しが出来るまで面倒みます!と、一緒に受診したときに主治医さんに言って下さって、わたしはぶわーって泣いたのですが。本当にね、優しくて頼れて大好きなワーカーさん。わたしは泣かないように、最後は笑顔でお礼を言いたいな。もう、逢えないかもしれないし、ね。
”出逢いがあれば、別れもある。”
そうわかっているのに、手を離したくないよ。でも、でも。
とりあえず、朝シャンして病院に戻る準備をして、お手紙をしたためよう。
ではまたね。



ふぇ〜。帰宅してお化粧オフしてお風呂に入り、ぬくぬく暖まっております。白瀬です、こんばんは。
今日はね、いつ振りだろうか、年単位で逢っていなかった友人が、車を買った!と言っていたので、ドライブがてら少々のお買いものと焼肉と夜景巡りを。
夜景は冬だからかな、幻想的なのは。しかし、ものっそい寒かったです。車中では、逢ってなかったときのお話などで盛り上がり、楽しかったなぁ。また、逢える。ふとしたときに今日の友人に逢いたくなるのだ。必要というか縋りたいというか、ね。ありがとう。
さて、5泊6日の外泊訓練Part6も最後の夜を迎えております。長く苦しかったなぁと思う。でもね、退院後の過ごしかたが定まって参りました。まずは支援センターへ一日おきに通い、合い間に訪問看護、そして通院。助けて下さる大人が居て下さることは凄く有り難いこと。ひとりで抱え込まないようにしなきゃですね。
写真の六芒星のネックレスは以前友人にいただいたもの。お風呂にもつけて入れるし、魔除けみたいな効果もあるみたいで、お守りとして、またつけ始めました。
明日は少し早めに起きて、お役所に寄ったり、ちょいとお買いものして、病院へと戻ります。笑顔で。



「消えてしまいたい。」
ひとり暮らしのお部屋でポツリと口から溢れた。
今日は昨日行けなかった支援センターに、無理矢理がんばって行ってきたよ。長期外泊訓練故にこもりたくなる。でも、退院してまたひきこもりにならないようにと、主治医さんと一緒に考えて”支援センターへ通う”ということを選んだので、連続でひきこもらないよう気をつけねば。
いただいた夜ごはんはこんな感じでした。美味しかったよ。左上の和え物は、辛子和えなのですが、ごはんを予約する時に「辛子和えは食べれないのでいらないです。」と伝えたらば、今回だけ特別にと、辛子和えじゃない普通の和え物に変えて下さって美味しく食べられました。感謝。
そして、先程LINEで休職している職場の、恩師兼上司さんから「体調はどう?次のお受験合宿には来れそう?」と。今はね年少さんから年長さんが小学校をお受験する為の塾にまだ籍を置いているのですが、主治医さんからも退職を、と。そして、わたし自身も退職をしたいと決め、二、三回上司さんに告げたが、「大丈夫。俺が守るから、一緒に働こう。」となるので、退職出来ずにいるし、なんてったってわたしが都内の小学校をお受験した際にお世話になった恩師でもあるので、なかなか難しい。病気のことも話してあるのですが。わたしの今の教育知識と体力では、通常授業さえ厳しいかなと思うのに、合宿となったら、もう、ね。合宿を誘って下さって、また変なプレッシャーを感じております。”必要”として下さってるのは、とても嬉しいのですがね。
なんてお返事をすればよいのだろうか。
ポツリと呟いたのは、きっとこの所為ね。



母は偉大だと思った。
昨日、母に逢うときに、母が作った豚汁と煮込みハンバーグをタッパーに入れて持ってきてくれたの。それをね、朝に食べたのだけれど、泣きそうになった。”母の味”という心地良さに、安心感に、美味しさに。料理上手という部分も誇れる自慢の母です。いつかわたしも自慢の娘に成れるよう、がんばらないとなぁ。
しかし、今日は支援センターに行く日と決めていたのに、寝ちゃったり、夜ごはんの予約の電話も出来ず、行く準備すら出来なくて、ひきこもった。無力ないちにちだった。周りの人はがんばっているのに何故、何故。
外泊訓練長いです。さびしさと不安が募るばかり。「もうがんばらなくても、大丈夫。」そう看護師さんに言ってもらいたいよ。
それから、今日いちにち自宅にいたのに、最低限のお掃除すら出来ていないのです。いまから気合い入るかな。出来るかな。苦しいな。あぁ。
今日みたく予め決めていたスケジュールがこう崩れると、その後立ち直れなくなることが多々あるのですが、夜中にリセットし、朝が来たら、また歩き出せますように。
今日は今日、わたしはわたし。



こんばんわんつーぱんち。
どうも、白瀬です。
えっとね今日は、出掛けるまでの工程、シャワーして髪洗って乾かしてメイクして…が億劫で仕方なくて、お家から出たくなーい!となっていましたが、予約していたネイルサロンに行かないと、爪が危なくて、気力を振り絞って行って参りました。あとで、Twitterかブログにネイル載せますね。
終わってから、ふら〜と本屋さんに行き、欲しかった本を買いました。バレるとアレなんで、タイトルは言えないのですが、わたしの主治医さんが書いた本です。まえがきを読んだだけで、『あぁ、先生らしいなぁ。』と。丁寧に読みたい一冊です。多分、ずっと持ち歩きたくなる。
母と合流して、利久で久しぶりの牛タンをいただき、お腹も大満足。がんばって外出して良かったなぁ、と思いました。お喋りしていたら、時が過ぎるのがはやくてね、お母さんとの「ばいばい。」が、どこかさみしかったなぁ。やはり、だいすきです。
さて、と。
ツイキャスにおいでになって下さったかた、ありがとうございました。ツイキャスで話しかけて下さると、とーっても嬉しくて。大した話出来ないし、噛むし、しどろもどろになってしまいますが、こう、会話が出来ることが嬉しいのです。
さぁ、夜を向かい入れるよ。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

参加しております。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM