今朝、気づいたらベッドの上をマイメロちゃんに占領されておりました。
GWが明け、朝から主治医さんの回診があり、いっぱい話せたし、主治医さんはわかるように説明を下さったり、『せんせ〜、おかえりなさい。』って気分です。日勤の看護師さんも多くって、カチコチな心も少しばかしですが、解凍されはじめました。”頼る”練習、”断る”練習。諦めないよ、まだがんばるよ。
昨夜、予め、主治医さんに伝えたいことをメモしておいたので、訊きたいことは全て訊けまして、スッキリした…かな。昨日ブログに綴ったように、飲め食べろの件も、「言わないように看護師さんに申し送るし、わたしは白瀬さんの意見を尊重するよ。但し危ないと思ったら、嫌がっても拘束してでも、”生きる措置”をとらせてもらうことは憶えておいてね。」と。なーんか、やっぱり安心しちゃって、お昼のごはんはスープを少し飲めたし、主治医さんの思惑通りなのか、本当なんか、ね。”安心”って、たいせつだ。
あとは、途中でね、”見捨てない?”っていつもの如く尋ねてしまいましたが、主治医さんは「見捨ててたら強制退院で紹介状書いて違う病院なりクリニックに行って下さいと言うし、でも、いまわたしはこうやって此処に来てお話しているよ。ね、どう考えたって見捨ててないよ。」と、いつものスマイルで答えて下さったので、あぁ生き延びられる。有難や。
この五連休で、主治医さんの存在が今のわたしを突き動かしてくれているのだな、って思いました。改めて思いました。偉大です、とってもね。
そしてそして、まだ怠さはあるがこれは元々持っている怠さかなと思うので、きっとODしたレスタミンが抜けきったのか、車椅子を手放し、壁と手すりを使い、自力で歩く感覚を取り戻しました。あぁあぁ、よかった。
GW前に主治医さんと話した眠剤追加のお約束が果たしてどうなったのか気になりながら20:45を待ちます。
では、また。



案の定、点滴がオーダーされまして。
こんばんは。再び白瀬です。
今日これからねんねこしたら、朝がやってきて、したらば主治医さんに逢えるよ。やっと、やっと。ねぇ先生、ゴールデンウィークって長すぎやしませんか?しかし、毎日がご多忙を極めている主治医さんのことを考えたらば、ゴールデンウィークくらい、ゆっくりしていただきたいので、ね。胸にひっそりゴールデンウィークなんて!!という思いを隠しておきます。
今日の日勤のリーダーさんが、退勤前に病室に来て下さって、泣き腫らしたよ。”看護師さんが敵にみえる”とか”お薬いっぱい飲んで楽になりたいよ”等々吐き出した。リーダーさんは「そうだよね、救急に搬送されてからだよね、敵に思うのは。仕方ないよ、大丈夫、大丈夫。だって、自分でもがんばって理解しようとしてるの、わかるもん。」って。「見た感じ、不安要素が大きくて苦しそう。ごめんね。」なんてこころを読み取るのが主治医さん次いでうまい看護師さんなのだろうか。そして、看護師さんに”ごめんね”って言わせてしまった自分が嫌で、罰を与えたくなった。「明日も話そう、スタッフも沢山来るからね。」と仰って、わたしは泣いた所為故掠れた声で「ありがとうございます。」と伝えた。
そして、只今準夜の看護師さんたち。わたしの記録は読んでらっしゃると思うが自分から昨日ODしたことと脱水症状で、いま様々なことをするのに、助けが必要なことを、事細かく伝えました。笑顔で「了解です〜、いつでもコールしてくれたら飛んでいくよ!!」と。先程、洗面と歯磨きへ、びゅーんっと車椅子を押して下りました。未だ足にうまく力を入れられなくて立っていられないので、看護師さんが蒸しタオルを作ってきて下さって、ほかほかで癒されたました〜。ありがとうございます。
あとは、努力はしてますが、今日摂ったものはウィダーインゼリーの180gのみ。日勤のお部屋担当の看護師さんには、”飲め飲め、食べろ食べろ。”と、狂うくらい言われました。わたしの為を思ってる言葉でしょうが、”わかってるよ、そんなこと。でも、だってさ、出来ないの。がんばってるんだよ、これでも。”と思ってしまった。終いには、”もう疲れたよ。”と。わたしがいけない。わたしがいけない。でもね、メンタルがもたないよ。本当は”ありがとうございます。”なの。そう思っていたいの。
だけん、明日からまたがんばるよ。
両親のおかげで出来ている入院生活を、無駄にはしたくないし、しないからね。
今日は良く眠れたらいいな。穏やかな夜を。



いろいろと振り返っては、あゝと落ち込んでいる白瀬です。かろうじて生きてます。
添付写真は最近ずっと付けているCITIZENのXCの腕時計。お気に入りです。更にね看護師さんと形違いだが同じCITIZENで、益々とお気に入りなのです。
この数週間、わたしから連絡をしていないというか縁を切るしかなかったり、逆に相手から縁を切られたり、精神崩壊中なうえ、人間不信の真っ只中におります。きっと、縁を切っていったかたにとってわたしは”不必要”で邪魔なだけだったんだ。なんとなく勘付いていたけれど。そしてまた、勘ぐりが非道い。此れは生きてゆく為には避けられない道なのだろうか。そうならば、わたしは違う道を歩み直したいよ。反対も、わたしは今の自分を回復へと寛解へと向かいたくて、さよならをした。”嫌われ不安”なわたしが”嫌われてもいい”と思った、あの瞬間、覚悟は定まっていた。お互いさまと言われたら、きっとわたしは頷く。
漸く、iPhoneを操作できるくらいに、体調は戻ってきているのですが、幻聴なのか否か、区別がつかずおっかないし、音に凄く過敏になっています。お熱は昨日は38度まで上がりましたが、今朝は37.6度でして、んー、といった感じです。未だ音楽や読書はお預け。レスタミンの影響で、立ちたくて足に力を入れても自力で立てず、苦しいし、馬鹿なことしたなぁって思っているよ。
こんななら、消え去りたいとも思う。もう、全て、そう全てに対して。
ナースコールをしても何かが変わると思えない本日。更に更にわたしは落ちてゆく。ぐわん、ぐわん、と。
今日で終わるGWとやら。こんなにつらい連休になるとはね。しかし、遠い病院で、同じくこのGWと闘っているなかまがいます。共に闘って、励ましてくれて、ありがとう。あとちょっとだね。
わたしは、ひとりぼっちだけど、独りではない。



こんばんは。
ODからの脱水症状で発熱。
自分が情けないし、惨めです。
そんなわけで生存報告のみで、どうかご勘弁を。明日は笑顔でいたいよ。
またね。



5月5日ですね。こどもの日ということで、お昼のごはんには、イラストと柏餅が。何だか、下界に居る気分でした。さりげなく、こうして行事ごとにいろいろ工夫して下さる給食のかたがたに感謝だね。
そして、もうひとつ今日5月5日は、愛して止まない、中川翔子さまがレベル32になりました。パチパチパチ。よく、バースディライブ行っていたし、中学生の頃からずっと好きで、こんなに誰かをずっと好きなんて、本当に本当にだいすきだしリスペクトだからですね。ここ四年かな、入院が頻繁になってしまってからは、なかなかライブにも行けてません。んでね、32歳という年齢にも驚いたが、そりゃあわたしも26歳だもんね。一生アイドルなしょこたんで輝いていて欲しいな。
あとは、いろいろあり、”生きること”と”死ぬこと”について、考えさせられました。入院でさ、出逢う人が亡くなってしまうことが多くて、凄くこわいのです。また不幸な一報を知ったから。もう最近は、入院なかまでなかのいい人を作らないで居たいのですが、毎日一緒に居るわけだから、ね。難しい。でも、いまはわたし、保護室エリアなので、そこまで他の患者さんと交流はありません。保護室エリアから出ても、ひきこもったり、ご挨拶だけにしたり。残された側を何度も経験したからさ、わたしは死なない。置いてゆかない。死にたい日もある。だけど、だけども、実行に移らないようにと強く思います。そして、亡くなってしまった何名もの入院なかまのことは、「確かにあなたは此処で生きていたよ。」って思い出すことにしている。消えないように。
さっきね、準夜勤の看護師さんに「白瀬さんの”大丈夫です”と”がんばります”はこわいんだよ〜。」と言われ、「ん?」となっていたわたしに、「0か100、白黒思考で、いつもとことん過ぎてしまうからさぁ。」と。でも、大丈夫だしがんばれてないし、駄目なんだよ、わたし。
そろそろ夕のごはんです。またね。



それはとても晴れた日で
未来なんていらないと想ってた
私は無力で言葉を選べずに
帰り道のにおいだけ優しかった
生きていけるそんな気がしていた
CoccoのRainingから抜粋。
まさに、この歌詞みたいな本日でした。
何で看護師さんにまで元気な面だけを見せてるのだろう。”ねぇ、本当のわたしに気づいてよ。”って、自分から発信しないと気づいてくれるなんて難しいこと、わかってる。素で、弱い面もあることをちゃんと出したいのにさ、多分わたし、こわいのだよね。昔からの性格の癖もあり、どこかで”この人にはこれを言えば喜んでくれる。見捨てないでいてくれる。”って自動的に考えてるんだと思う。溜め息出ちゃうなぁ。
でね、お昼のごはんの時間の少し前に脱走しましたが、変に真面目なわたしはきちんとルールを守り、敷地外には出ず、敷地内の隠れ場所で息を殺すようにしていて。したらば、やはり病棟から着信。出るか迷ったが、出ないと大きな出来事になっちまうので、電話に出たらリーダーさんが「お昼ごはん、取ってあるよ〜。」って。例のことで苦手になってしまった看護師さんね。わたしは帰らず、次はお部屋担当かんが「場所だけ教えて、動かないで待っていてね、絶対だよ。いまから急いで迎えに行くから!!」と言ってお部屋担当さんが迎えに来て下さって、ぎゅって。わたしは脱走する前に、お部屋担当のこの看護師さんに”死にたい死にたい、でも生きたい。助けて下さい。”ってSOSをがんばって出していて。本当に助けて下さって、一緒に空を見上げたら「夏みたいだね。こんだけ快晴だと返って死にたくなっちゃうね。」と看護師さん。泣きたかったのに、泣けなかった。まさにCoccoのRaining。「看護師さんみんな心配しているし、戻ろっか。」でも、わたしは頑なに動かなかったからか、手を握って「一緒にさ、戻ろう。」って。優しさが沁みたよ。ごめんなさい、問題児で。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

参加しております。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM